toggle
2023-11-15

フロアコーティング講座-80 キッチンリフォームのポイント:リベロコート

キッチンは家庭内で最も重要なスペースの一つであり、家族の食事を準備し、楽しむ場所です。キッチンの不便さや不満が生活のストレスにつながることがありますが、リベロコミュニティはキッチンのリフォームについて、使い勝手の向上やデザインの美しさを提供し、理想のキッチンを実現するお手伝いをします。ここでは、また、防水性に優れお手入れが簡単なフロアコーティングや、水周りコーティングなどにも対応しています。今回はキッチンのリフォームについてのアイデアや費用についてご紹介します。

フロアコーティング_キッチンリフォームの事例

当社で施工したキッチンのリフォームの事例です。

キッチンのリフォーム – 使いやすさを重視

限られたスペースで様々な作業を行うキッチン。狭くて暗い、収納が不足している、設備が古くて使いにくい、動線が悪くて効率的に作業ができないなど、さまざまな不満があるかもしれません。キッチンのリフォームは、設備の交換から、レイアウトの変更まで、様々なアプローチが可能です。また、新しいキッチンは、省エネ性に優れた設備や、家事を効率化するレイアウト、機能を選択できます。まず、自分にとって使いやすいキッチンをイメージしましょう。

キッチンの種類 – システムキッチンとオーダーメイド

キッチンの種類には、システムキッチンとオーダーメイドの2つがあります。システムキッチンは既製品で、さまざまなカスタマイズオプションがあります。多くのメーカーから製品が提供されており、カタログなどを通じて情報を収集することができます。キッチンとダイニング空間をどのように結びつけるかを考える際にも、さまざまな配置やスタイルを検討できます。自分の希望や使い方に合ったキッチンの形を選ぶために、よく整理しましょう。近年では対面型のキッチンやダイニングとの一体性が高まったキッチンに人気が高いです。家族やお子様などと一緒にキッチンを使うことを想定しているケースも増えています。

使い勝手を決めるポイント – 動線、収納、設備

キッチンのリフォームで重要なポイントは、以下の3つです。

動線

家事のしやすさに直結する動線は、キッチンでの作業だけではなく、他の家事にも影響を与えます。ガスレンジ、シンク、冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、炊飯器、食洗機などの位置関係を考え、料理中の移動がスムーズであるかどうかを確認しましょう。洗濯など他の家事も同時に行いたい場合、洗面所や物干しスペースを近くに配置することが便利です。自分の動きを図に描いてみることで、適切な配置が見えてくるでしょう。

収納

収納スペースは、キッチンの整理整頓と作業のスピードに影響します。使う頻度や持ち物のサイズに応じて、適切な収納の配置を考えましょう。食器や調味料はシンクやコンロ周辺に、重たいアイテムは低い位置に、食品ストックは別のスペースに分散させると便利です。

設備

最新の設備を取り入れることで、料理の品質を向上させ、作業の負担を軽減できます。食器洗い乾燥機、高火力IHクッキングヒーター、ガスコンロ、レンジフードなど、使いたい機能を選択しましょう。リフォームの際には特に電気容量の増強や新しい電気回路の引き込みが必要な場合もあるため、詳細に注意しましょう。

選び方のポイント – パーツの機能性と使い勝手

パーツの選択に関しても、機能性と使い勝手を考慮することが重要です。例えば、収納に関しては、引き出し式のキャビネットが奥の物まで見渡しやすく、出し入れがしやすいです。また、食器洗い乾燥機やシンクの水栓金具を選ぶ際には、内部の清掃がしやすいタイプを選ぶことが便利です。壁材や扉材には、汚れが付きにくく、拭き掃除が簡単な素材を選ぶことが重要です。

費用の考え方 – 既存の状態と工事内容による変動

キッチンのリフォームにかかる費用は、既存の状態や工事内容によって異なります。既存のキッチンの位置を変更せずにシステムキッチンを交換する場合、工事費用は比較的低く抑えられます。一方、キッチンの位置を変更する場合、給排水管の延長やダクトの工事が必要となり、費用が増加する可能性があります。キッチンのリフォームには、システムキッチンや関連部材、解体処分工事、給排水工事、電気工事、内装工事などの費用が含まれます。

費用の例(この金額は目安です。実際にはしっかりと工事内容の確認を行い、見積もり金額を確認しましょう。)
位置を変えずにシステムキッチンを取り替える場合 – 約143万円
  • システムキッチン・関連部材など材料費
  • 解体処分工事費
  • 給排水工事費
  • 電気工事費
  • 内装工事費(約9.7平方メートル)
壁付けキッチンを対面キッチンに変更する場合 – 約183万円
  • システムキッチン・関連部材・フローリングなど材料費
  • 解体工事費
  • 給排水工事費
  • 内装工事費(約23平方メートル)

素材にこだわり造作キッチンに変更する場合 – 価格は素材と仕様に応じて異なります。

結論

キッチンのリフォームは、使い勝手とデザインを考慮することが大切です。さらに、リフォームを機にキッチンの床をコーティングすることや、キッチン周りのお手入れを簡単にすり水周り専用のコーティングなども、リフォームを機におすすめのアイテムです。フロアコーティングには、水、薬品などから床を守り、お手入れも水拭きだけでOKです。実は汚れやすいキッチンに施工すると、日頃のお掃除やメンテナンスも非常に簡単になります。水周りコーティングは、キッチントップ、レンジフード周りなどを汚れから守ります。コーティングは清潔なキッチンを維持するのに効果的です。リフォームした状態を長期にわたって、手間をかけずに維持するために、フロアコーティング、水周りコーティングをご検討ください。リフォームの時にまとめてフロアコーティングを行うと、費用的にも期間的にも効率的です。

リベロコミュニティは、キッチンリフォームに関するアドバイスと提案を提供し、お客様の希望を実現するお手伝いをします。キッチンのリフォームを検討中の方は、ぜひリベロコミュニティにご相談いただき、理想のキッチンを実現しましょう。

 

フロアコーティングについてのご相談はこちらをクリック

 

リベロコートのご質問・見積もり依頼はこちらをクリック

 

関連記事